前新潟県議の辞職に伴う燕市・西蒲選挙区(欠員1)の県議補欠選挙が20日告示、29日投開票される。国民民主党公認の前職、高倉栄氏(50)、いずれも無所属新人で自民党の地元3支部が推薦する前燕市議、堀勝重氏(60)、連合新潟が推薦する前燕市議、柴山唯氏(38)が立候補を表明しており、三つどもえの戦いとなる公算が大きい。

 高倉氏は「県立吉田病院の現地建て替えに力を尽くす」と強調。一部の市議らが支援し、…

残り200文字(全文:409文字)