内野小の敷地内でタケノコを掘る、綱本麻利子さん(左)と髙橋智恵さん(右)、中村芳郎校長=9日、新潟市西区
内野小の敷地内でタケノコを掘る、綱本麻利子さん(左)と髙橋智恵さん(右)、中村芳郎校長=9日、新潟市西区

 新潟市西区内野地域で、SDGs(持続可能な開発目標)につながる取り組みをしている一般社団法人「Smile Story(スマイルストーリー)」。子ども食堂や海岸清掃に取り組む一方で、地元の小学校と連携した活動にも力を入れている。

 大型連休が明け、内野小の竹林にタケノコが次々と顔を出した。「スマイル-」の代表理事、綱本麻利子さん(42)と内野小の中村芳郎校長(58)らが手際よくタケノコを掘っていく。…

残り1007文字(全文:1216文字)