記念冊子を見ながら談笑する石川美恵子さん(左から2人目)ら「まめでやったけぇ」のメンバーたち=上越市中ノ俣
記念冊子を見ながら談笑する石川美恵子さん(左から2人目)ら「まめでやったけぇ」のメンバーたち=上越市中ノ俣

 新潟県上越市中ノ俣地区の有志が発行しているミニ新聞「まめでやったけぇ」が創刊から満10年を迎えたことを記念し、これまでの記事をまとめた冊子を作成した。集落で暮らす女性たちが“記者”となり、日々の出来事をつづったり、川柳を発表したりし、住民たちに親しまれてきた手作りの新聞。冊子は増刷を計画するほど人気となっている。

 「まめでやったけぇ」は、集落のあいさつ言葉で「お元気でしたか」という意味。2011…

残り757文字(全文:966文字)