北朝鮮に拉致された可能性を排除できない特定失踪者の家族有志でつくる「特定失踪者家族会」は19日、東京・永田町の国会周辺で街頭活動を行った。結成から今月で5年を迎えたが、家族会が求め続けている首相との面会が実現しておらず、「われわれの願いを聞いてほしい」と声を張り上げた。

 街頭活動には家族会のメンバーら約20人が参加した。新潟市西蒲区出身の特定失踪者、大沢孝司さん=失踪当時(27)=の兄昭一さん(…

残り1267文字(全文:1476文字)