見頃を迎えた登山道のヒメサユリ=5月18日、三条市森町
見頃を迎えた登山道のヒメサユリ=5月18日、三条市森町

 新潟県三条市下田地区で、市の花であるヒメサユリが見頃を迎えている。群生地として知られる同市森町の登山道「ヒメサユリの小径」では、あちこちで薄桃色の花が開き、登山客の目を楽しませている。

 小径を管理する「越後三条・高城ヒメサユリ祭り実行委員会」や市によると、今年はほぼ例年並みの12日に咲き始めた。今週末が開花のピークで、今月いっぱい花を楽しめる。

 小径では昨年、虫の食害で花付きが例年の半分以下に減…

残り213文字(全文:430文字)