ふわふわの生地と大粒のあんが特長のどら焼き「三山」
ふわふわの生地と大粒のあんが特長のどら焼き「三山」

 ふんわりと柔らかい生地に大粒の粒あんがぎっしり。小豆が引き立てる甘さが口いっぱいに広がっていくのが、「光月堂」(新潟県柏崎市中田)のどら焼き「三山(さんざん)」だ。

 3代目の水品篤志さん(57)の一押し商品で、「どら焼きはどこの和菓子屋にもあるけど、断面から伝わる大きな粒あんの存在感や生地の焼き方は、うちならではだ」と力を込める。

 光月堂は1916(大正5)年の創業。駄菓子の量り売りや結婚式用の…

残り748文字(全文:965文字)