東京電力柏崎刈羽原発で相次いだ核物質防護体制の不備を巡り、原子力規制委員会の中間報告について議論した県技術委員会=20日、新潟市中央区の朱鷺メッセ
東京電力柏崎刈羽原発で相次いだ核物質防護体制の不備を巡り、原子力規制委員会の中間報告について議論した県技術委員会=20日、新潟市中央区の朱鷺メッセ

 東京電力柏崎刈羽原発の安全性を議論する新潟県技術委員会(座長・小原徹東京工業大教授)が20日、新潟市中央区で会合を開いた。同原発で核物質防護体制の不備が相次いだ問題を巡り、原子力規制委員会が行った追加検査の中間報告について、委員から根本的な原因が究明されていないと指摘する意見が出た。

 規制委は中間報告で、一連の不備には東電福島第1、第2原発や他社の原発には見られない特徴があったとし、「柏崎刈羽原…

残り424文字(全文:633文字)