発電を開始した満願寺浄水場の太陽光パネル=新潟市秋葉区
発電を開始した満願寺浄水場の太陽光パネル=新潟市秋葉区

 新潟市が一部出資している地域新電力会社「新潟スワンエナジー」(中央区)が、市水道局の満願寺浄水場(秋葉区)で太陽光発電事業を開始した。発電した電気は施設内で使われる。再生可能エネルギーの地産地消を推進し、脱炭素化を目指す。

 この事業は、スワン社が市から敷地を無償で借りて太陽光パネルなどを整備し、市が電力を購入する仕組み。維持費などはスワン社が負担する。「PPA(電力販売契約)モデル」と呼ばれ、市…

残り393文字(全文:602文字)