景観計画に基づく、信濃川沿岸地区の建物の高さ制限について、新潟市が見直しを検討している。敷地に一定の緑地を設けることを条件に制限を緩和する方向で議論を進めてきたが、市景観審議会では賛否両論が出る。市は新たに緩和の範囲を全域ではなく、開発を促進する地域と重なるエリアに絞るなどした案を提案。「開発と良好な景観の両立を目指したい」とする。

 高さ制限があるのは、中央区の本川大橋から信濃川河口までで、左岸…

残り673文字(全文:882文字)