新潟県柏崎市椎谷の名所「椎谷観音堂」の本尊が26日、38年ぶりの御開帳を迎える。普段は観音堂近くの宝物殿に保管されているが、31日までの6日間は観音堂の最奥部にある厨子(ずし)に収められ、参拝客に披露される。観音堂では、厨子の周りを掃除するなど参拝客を迎えるための準備が進んでいる。

 観音堂の本尊、正観世音菩薩像は811年に地元、椎谷地区の海から上がったと伝わっている。江戸期に観音堂が焼け落ちた際…

残り703文字(全文:912文字)