新潟県内の高校スポーツの祭典「第75回県高校総合体育大会」が26日の陸上などを皮切りに本格的にスタートする。鍛錬を重ねた選手たちが頂点を目指し、6月7日まで県内各地で熱戦を繰り広げる。各競技の見どころを紹介する。

 男子トラックの短距離は昨年の全国高校総体にも出場した村岡輪汰朗(吉田)と石田陽紀(同)が競り合う。実力を伸ばしつつある藤原央将(同)が割って入れるか。中・長距離も村岡と石田が中心になり…

残り897文字(全文:1106文字)