山あいの沼地で見頃を迎えたカキツバタ=24日、長岡市大積町3(小型無人機から)
山あいの沼地で見頃を迎えたカキツバタ=24日、長岡市大積町3(小型無人機から)

 新潟県長岡市大積町3の山あいで、カキツバタが見頃を迎えている。2ヘクタール弱の沼地に自生した紫や白の花が咲き誇り、新緑の里山に囲まれた一帯を彩っている。

 沼地は「谷地(やち)池」と呼ばれ、30年ほど前まで稲作が行われていた。耕作しなくなった沼の中心から徐々にカキツバタが増え、年々広がっているという。

 周辺整備に取り組む大積地区町内会連合会の脇屋雄介会長(75)は「大昔からの原風景が残り、風情があ…

残り141文字(全文:358文字)