佐野恒雄氏
佐野恒雄氏

 任期満了に伴う新潟県田上町長選が24日告示され、現職の佐野恒雄氏(75)=無所属=だけが立候補を届け出て、無投票での再選を決めた。同町長選の無投票は2006年以来16年ぶり。

 佐野氏は子育て支援や起業支援などによる人口減少対策、道の駅たがみを中心とした観光振興を掲げ、「誰もが住み続けたい活力ある町を実現する」と訴えた。新型コロナウイルス禍で打撃を受けた町経済の立て直しや、老朽化が進むごみ焼却場の新設に向けても引き続き取り組むとした。

 当選を決めた後、佐野氏は同町原ケ崎新田の事務所で、支持者らを前に「4年間のかじ取りを任される責任の重さを感じている。人口減対策など総合計画に盛り込んだ施策を一つずつ推進していく」と決意を述べた。

 佐野氏は18年の町長選に立候補し、新人4人の激戦を制して初当選。道の駅などの拠点施設整備や、町営公共交通の新設などに力を入れてきた。町議会には4年間の町政運営を一定程度評価する声があり、対立候補を擁立する動きは見られなかった。

 町長選とともに告示された町議補選(欠員1)には無所属新人の森山晴理氏(59)だけが届け出て、無投票で当選した。

 【佐野氏略歴】町長(会社役員、田上中PTA会長)吉田新田。上智大卒。