29日投開票の新潟県知事選は終盤に入った。現職花角英世氏(64)、新人片桐奈保美氏(72)いずれの陣営も、県内各地で懸命の訴えを続けている。両候補を支援する各党の県議たちも、それぞれの地盤回りに熱が入る。来春の県議選もにらみ、自らの後援会や支援団体の支持を固めたり、街頭活動に参加したりして支持拡大に励んでいる。

残り1192文字(全文:1349文字)