野生下で今季初めて巣立ちが確認されたトキのひな=5月26日、佐渡市(環境省提供)
野生下で今季初めて巣立ちが確認されたトキのひな=5月26日、佐渡市(環境省提供)

 環境省は26日、新潟県佐渡市の野生下で今季初めてトキの巣立ちを確認したと発表した。野生下同士のペアから生まれた「純野生」のひなの巣立ちは7年連続となった。

 モニタリングチームが同日朝、佐和田地区の林で3羽のひなが、巣と近くの枝を行き来しているのを確認した。このペアは、4月25日に最も早くふ化が確認されていた。

 現在、野生下では83組のペアが営巣し、このうち、14組がひなを育てている。一方、繁殖活…

残り94文字(全文:311文字)