五頭山麓の里山を散策したり、森の専門家と交流したりして自然を学び、体感しませんか。

野鳥の美しい鳴き声や、山の植物の観察などを行います。子どもたちへ五頭の自然に触れさせてみませんか?

応募は締め切りました

新潟日報みらい大学第2回公開講座「五頭 森に生きる 森を生かす」

日時 6月26日(日)午前10時30分~午後3時30分
会場 五頭自然学校(阿賀野市畑江33)
内容 五頭山麓の里山を散策し、森の専門家と交流します。(雨天決行。雨天の場合は五頭自然学校内で木工クラフト体験などを予定しています)
講師 土屋美幸さん 五頭自然学校常勤スタッフ。
村山暁さん 新潟県野鳥愛護会常任委員。
成川潤さん ウッドライフクリエーター Junshin-潤-森代表。
今成駿吾さん クラフトジン販売 ろくもじ取締役。
参加費 1,000円(イタリアンレストラン「小さな食堂トリフォッリオ」のランチボックス付き)
申し込み 定員40人(先着順)。※小学生以下の参加は保護者が同伴してください。
以下のURLの応募フォームからお申し込みください。
または〈メール〉mirai@niigata-nippo.co.jp に希望者全員の氏名、年齢、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレスを記入してください。
6月10日(金)必着。

応募は締め切りました

服装など 長袖、長ズボン着用。丈の短い靴下は不可。長靴かトレッキングシューズの着用。雨具、首に巻くタオル、散策時の飲料を持参してください。
問い合わせ みらい大学事務局、025(385)7473

※ご応募いただいた個人情報は、参加者ご案内に使用します。新潟日報からの各種ご案内に使用させていただく場合があります。
※新型コロナウイルス感染防止策を行って開催します。詳しくはみらい大学ホームページをご覧ください。