河井継之助が新政府軍の岩村精一郎と面会した慈眼寺の談判の間。船岡芳英住職は、非戦の希望を絶たれた継之助の無念を思いやった=小千谷市平成2(長岡支社・佐藤将志撮影)
河井継之助が新政府軍の岩村精一郎と面会した慈眼寺の談判の間。船岡芳英住職は、非戦の希望を絶たれた継之助の無念を思いやった=小千谷市平成2(長岡支社・佐藤将志撮影)

 新型コロナウイルスの影響で公開延期が続いた映画「峠 最後のサムライ」が6月17日に封切りされる。主人公・河井継之助が長岡藩軍事総督として駆け巡った新潟県内の長岡や見附、小千谷では、映画、小説の世界の残影をそこかしこで感じる。中立の夢破れた談判が行われた小千谷の慈眼寺をはじめ、北越戊辰戦争に関わる地を訪ねた。

 戊辰戦争まっただ中の1868年5月2日(新暦6月21日)午後2時ごろ、小千谷の慈眼寺本堂…

残り1188文字(全文:1397文字)