シマブクカズヨシ

小見洋太

矢村健

遠藤凌

早川史哉

 好調なリーグ戦と比べるとシャッターを切る回数が少なく、相手のシュートを浴びる選手たちを追う90分でした。

 今季出場機会の少ない選手が中心の先発メンバー。懸命にボールを追いましたが、自陣で押し込まれる展開となり、表情には焦りや不安の色が浮かんでいました。結果は今季最多の4失点と完敗でした。

 それでも、失点して下を向きそうな場面でゲームキャプテンの早川史哉選手が声を出して味方を鼓舞していた姿が印象的でした。

 敗退は残念ですが、見方を変えればリーグ戦に集中できる環境が整いました。気持ちを切り替えて次の試合に臨んでほしいと思います。

(写真映像部・立川悠平)

×    ×

 新潟日報デジタルプラスの「TAKANOME」は、新潟日報社のカメラマンが鵜の目鷹の目で被写体を見つめ、一瞬を切り取った写真特集シリーズです。「TAKANOME J2新潟」では、アルビレックス新潟のホームゲームを中心に、紙面にはなかなか載らない未公開カットをWEB限定で掲載します。

J2新潟以外のTAKANOME・写真特集はこちら