利用が回復したえちごトキめき鉄道のリゾート列車「雪月花」
利用が回復したえちごトキめき鉄道のリゾート列車「雪月花」

 えちごトキめき鉄道(新潟県上越市)は2日、2021年度の収支状況を発表した。自治体からの支援金により最終利益は1億7700万円となり、15年の開業以来初の黒字となった。鳥塚亮社長は会見で「決算上黒字だが、収益構造は変わっていない」として、並行在来線の維持に向けた仕組みづくりの必要性を強調した。

 営業収益は35億2400万円。このうち旅客収入は前年度比19%増の5億7500万円。定期券以外の旅客収…

残り386文字(全文:595文字)