初競りにかけられた大玉スイカを試食する市場関係者ら=3日、新潟市江南区
初競りにかけられた大玉スイカを試食する市場関係者ら=3日、新潟市江南区

 初夏の味覚として親しまれる県産大玉スイカ「祭ばやし」の初競りが3日、新潟市江南区の市中央卸売市場で行われた。同市西区と西蒲区でハウス栽培された2個入り1300ケースを、仲卸業者らが次々と競り落とした。

 JA全農にいがたによると、今年のスイカは天候に恵まれ、例年より二回りほど大きく、13度を超える高糖度に仕上がった。試食した江南区の仲卸業男性(50)は「甘く、シャリシャリとして食感がいい。この味を…

残り127文字(全文:336文字)