構想から30年超の新潟駅周辺整備事業の柱、在来線高架化が5日、完了する。新潟市の南北市街地の一体化という「街の構造」を変える大事業だ。スケジュールの遅れなどもあったが「ようやく街づくりのスタートラインに立てる」と関係者。駅刷新の進展は、都心活性化の起爆剤として期待される。

 1987年の市による駅周辺整備の調査実施から既に30年以上がたった=年表参照=。「『何事も始めなければ終わらない』とやってき…

残り526文字(全文:735文字)