丹生-東京学館 8回、東京学館の4番手涌井(左)に捕手八幡が声をかける=敦賀市総合運動公園野球場(上越支社・永井隆司撮影)
丹生-東京学館 8回、東京学館の4番手涌井(左)に捕手八幡が声をかける=敦賀市総合運動公園野球場(上越支社・永井隆司撮影)

 [東京学館1-8丹生]東京学館は今春の選抜大会21世紀枠で出場した丹生に終始ペースを握られて完敗。「守備も打撃も、すべて課題が残った」。主将小川郁也は開口一番こう語り、うつむいた。

 県大会で好調だった打線は、3安打1得点と鳴りを潜めた。左腕攻略に共有した「低めは見逃し、ストレートに合わせる」という約束事を徹底できず、直球に押された焦りから低めのスライダーを振らされる場面が目立った。小川は「自分た…

残り263文字(全文:472文字)