「新潟出身の自分が出演することで、作品を見てくれる新潟の人が一人でも増えたらうれしい」と話す木竜麻生=新潟市中央区の新潟日報メディアシップ
「新潟出身の自分が出演することで、作品を見てくれる新潟の人が一人でも増えたらうれしい」と話す木竜麻生=新潟市中央区の新潟日報メディアシップ

 若者の恋愛の危うさと歯がゆさを描いた映画「わたし達はおとな」が17日から、新潟市中央区のユナイテッド・シネマ新潟で上映される。主人公の優実(ゆみ)を演じた新発田市出身の俳優木竜麻生(まい)(27)が新潟日報社を訪れ、「人の日常をスクリーンで垣間見るような、新しい映画体験ができる。新潟の多くの人に見てもらいたい」とPRした。

 今作は演出家・劇作家の加藤拓也によるオリジナル脚本で、映画監督デビュー作…

残り724文字(全文:933文字)