車いすバスケットボールで交流した選手たち=新潟市江南区
車いすバスケットボールで交流した選手たち=新潟市江南区

 バスケットボール女子Wリーグの新潟アルビレックスBBラビッツの選手が5日、新潟市江南区の県障害者交流センター体育館で、県内の車いすバスケのチームや知的障害のある選手と交流した。ラビッツ選手も慣れない車いすを操作しながら試合に挑み、プレーを楽しんだ。

 県障害者交流センターが主催した。ラビッツからは田村碧衣、新井希寧、中村華祈、河村美侑、飯隈愛理の5選手が招かれた。

 車いすバスケにはラビッツの選手と…

残り208文字(全文:425文字)