直木賞作家、鷲尾雨工についての講演会=新潟市中央区
直木賞作家、鷲尾雨工についての講演会=新潟市中央区

 新潟県内生まれとして初めてで唯一の直木賞作家、鷲尾雨工(1892〜1951年)をテーマにした講演会が5日、新潟市中央区の新潟日報メディアシップで開かれた。市中央公民館の元館長、五十嵐政人さん(64)=新潟市西区=が、歴史小説家として大成しながら、度重なる不幸に見舞われた雨工の生涯を紹介した。市民ら約80人が聴講した。

 にいがた文化の記憶館(メディアシップ5階)で、7月10日まで開かれている雨工の…

残り270文字(全文:479文字)