関東経済産業局が発表した3月の新潟県内百貨店・スーパー販売動向(速報)によると、百貨店1店とスーパー151店の合計販売額は既存店ベースで前年同月比1・4%増の336億2400万円で、2カ月ぶりに前年を上回った。本県に適用されたまん延防止等重点措置が3月上旬に解除され、客足が徐々に回復。内食需要の高まりが継続し、飲食料品が伸びた。

 衣料品の販売額は既存店ベースで前年同月比5・5%減の25億3900…

残り385文字(全文:594文字)