4月25日から3週間、柏崎総合医療センターで総合診療の実習をさせていただきました。実習の中心となる内科外来実習ではさまざまな訴えの患者さんに対して鑑別疾患を考えながら問診、診察を進めていくことの難しさを実感しました。

 この実習では院内だけではなく、新潟病院の神経内科や西山ふれあいクリニックでの診療所・訪問診療にも伺うことができます。柏崎地域における急性期医療から慢性期医療まで触れることで、一人の患者さんが生涯にわたりどのような医療を受けるのか、また、他の医療施設との十分な連携がいかに重要であるかを学ぶことができました。

 今回伺ったどの施設でも患者さんが困っていることにしっかりと耳を傾け、問診から治療説明まで丁寧に行っている先生方の姿が印象に残りました。将来、自分が患者さんを持った時、先生方のように丁寧に一人ひとりを診ることを心がけていきたいです。

新潟大学医学部6年 小林悠