連日早朝から行われる春キャベツの収穫作業=8日、三条市栗林
連日早朝から行われる春キャベツの収穫作業=8日、三条市栗林

 新潟県三条市特産の春キャベツの出荷がピークを迎えている。今年は、5月に晴天が続いたため甘みが凝縮し「かなり良い出来」(生産者)という。8日、生産農家は午前3時半から収穫作業に精を出し、丸々とつややかなキャベツを刃物で切っては箱に詰めていった。

 JAにいがた南蒲によると、春キャベツは石上、栗林の両地区計9ヘクタールで栽培しており、作付面積は県内トップ。五十嵐川と信濃川が合流し運んだ砂などを含む、肥…

残り263文字(全文:472文字)