白骨化した身元不明の遺体が軽自動車内で発見された、商業施設の駐車場=6月9日、新潟市中央区姥ケ山
白骨化した身元不明の遺体が軽自動車内で発見された、商業施設の駐車場=6月9日、新潟市中央区姥ケ山

 8日午後7時前、新潟市中央区姥ケ山の商業施設駐車場で、別件を捜査していた新潟署の署員が駐車中の軽乗用車に白骨化した遺体があるのを発見した。

 新潟署によると、遺体の性別や年齢などは不明。紺色のパーカに深緑色のセーター、ジーパンを着ていた。車には鍵がかかっており、遺体は後部座席の足元の場所に横たわっていた。車がいつから駐車していたかは不明という。

 2019年11月、新潟市の50代男性がこの車に乗って出かけたまま帰らず、家族から行方不明届が出ており、同署は遺体はこの男性とみて調べている。