気象庁が2022年度後半から、新たな基準を設けた緊急地震速報の運用を始める。これまでは「最大震度5弱以上」を予測した地震について、震度4以上が想定される地域を対象としていたが、4段階ある長周期地震動の

残り838文字(全文:939文字)