大分ー新潟 前半、パスを出すMF高木(手前左)=昭和電工ドーム大分
大分ー新潟 前半、パスを出すMF高木(手前左)=昭和電工ドーム大分
大分ー新潟 前半22分、先制のゴールを決め喜ぶMF高木(中央)=昭和電工ドーム大分

 アルビレックス新潟はJ2第21節第1日の11日、昭和電工ドーム大分で大分と対戦し、2-1で勝利した。通算成績は12勝6分け3敗で、勝ち点を42に伸ばして首位を守った。

 前後半で1点ずつ得点した新潟が、大分に競り勝った。

 序盤から互いに激しくボールを奪い合う。前半2分、相手のCKからの攻撃はGK小島がブロック。22分、FW鈴木の縦パスにMF高木が反応し、先制した。

 リードで折り返した後半2分、MF松田のクロスから、再び高木がゴールを奪う。だが28分、クロスから失点を許した。終盤、攻勢を強めた相手の攻撃は、DF藤原らが粘り強く守り切った。

 J2はほかに4試合が行われ、仙台は徳島と2-2で引き分け、金沢と1-1で引き分けた横浜FCとともに勝ち点40。

 新潟の次節は19日午後2時から、デンカビッグスワンで秋田と対戦する。

試合の詳細はこちら

海外・国内のサッカー関連ニュースはこちら