10人が県産日本酒のさらなる振興を誓った新潟清酒学校の卒業式=6月10日、新潟市中央区
10人が県産日本酒のさらなる振興を誓った新潟清酒学校の卒業式=6月10日、新潟市中央区

 酒造技術者を育成する新潟清酒学校の第35回卒業式が10日、新潟市中央区で行われた。35期生は新型コロナウイルス禍の影響で、通常3年のカリキュラムを4年かけて修了。卒業証書を手にした10人は、県産日本酒の振興に向け思いを新たにした。

 清酒学校は、県酒造組合が1984年に設立。県内の酒造会社に推薦された従業員が月1〜3回の授業に参加し、酒造技術やマーケティングなどを学ぶ。今年を含め延べ555人が修了…

残り228文字(全文:437文字)