「春の全国交通安全運動」に向け、4月に長岡市で行われた白バイとパトカーの出発式
「春の全国交通安全運動」に向け、4月に長岡市で行われた白バイとパトカーの出発式

 2021年の新潟県における小中高校生の交通事故死者数が1970年の統計開始以来、初めてゼロになったことが13日、県教育委員会への取材で分かった。少子化に加え、交通安全の取り組みが浸透してきたことが背景にあるとみられる。

 県教委によると、県内の児童・生徒の交通事故死者数が統計上、最も多かったのは72年の45人。内訳は小学生17人、中学生4人、高校生24人だった。当時は高校生のオートバイやバイクによ…

残り156文字(全文:365文字)