三戸舜介選手(左)と松橋力蔵監督
三戸舜介選手(左)と松橋力蔵監督

 Jリーグは14日、5月の月間表彰を発表し、J2はアルビレックス新潟のMF三戸舜介(19)がMVP、松橋力蔵監督(53)が優秀監督賞に選ばれた。2人とも受賞は初めて。

 新潟の選手がMVPに選ばれるのは昨年のMF高木以来で、チーム4人目。優秀監督賞も昨年のアルベル監督以来、2人目。

 三戸は第17節横浜FC戦、第18節水戸戦で2試合連続の1得点1アシストをマーク。好調なチームに勢いをもたらした。今季か…

残り156文字(全文:373文字)