新潟市は本年度、妊娠期から子育て期の切れ目ない支援を目標に掲げ、各区役所に設けている相談窓口「妊娠・子育てほっとステーション」の体制強化に乗り出した。ほっとステーションに、児童虐待の防止を目指した「子ども家庭総合支援拠点」の機能を持たせ、保育サービスの紹介、助言などを行う専門相談員「保育コンシェルジュ」を配置した。子育てに関係する機関との連携を強化し、きめ細かい支援でより子育てしやすい環境をつく…

残り519文字(全文:720文字)