オンライン教育支援システムの画面。生徒の顔を写した画像の下部に、AIが判定した感情を示すアイコンが表示される
オンライン教育支援システムの画面。生徒の顔を写した画像の下部に、AIが判定した感情を示すアイコンが表示される

 システム開発のBSNアイネット(新潟市中央区)は、学習塾のNSGアカデミー(同)と、人工知能(AI)を使ったオンライン教育支援システム「マルチアイ」を開発した。カメラが撮影する生徒の表情からAIが感情を読み取り、講師に伝える機能を備えた。既に五泉市と小千谷市の個別指導塾2校に導入しており、今後は表情以外の情報の組み合わせも視野にAI技術の実証を進める。

 マルチアイは2020年に両社とNTTドコモ…

残り725文字(全文:934文字)