新潟県のマイナンバーカード交付率が全国44位(6月1日時点)と低迷している。政府は2022年度中に全国民に配布する目標を掲げるが、県人口の3分の1を占める新潟市の交付率は政令市で最下位の37・4%にとどまるなど、普及が進んでいない。県は行政のデジタル化にはマイナンバーカードの普及が鍵を握るとし、市町村に「出張申請」や広報の強化などを促す。

 新潟市は本年度、休日に市民が多く集まりそうな商業施設など…

残り1113文字(全文:1322文字)