衆院選挙区画定審議会(区割り審)は16日、小選挙区定数の「10増10減」を反映した新たな区割り案を岸田文雄首相に勧告した。新潟県は定数が6から5に減り、従来の区割りから大幅な変更となった。

県内市区町村別の新たな区割り案はこちら