「これまでの新潟公演では、お客さんから三味線に対する熱い思いを感じた。演奏のやりがいがある」と語る上妻宏光=新潟市中央区の新潟日報メディアシップ
「これまでの新潟公演では、お客さんから三味線に対する熱い思いを感じた。演奏のやりがいがある」と語る上妻宏光=新潟市中央区の新潟日報メディアシップ

 津軽三味線奏者の上妻(あがつま)宏光が7月2日、新潟市中央区の市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)能楽堂で、三味線本来の音を楽しむコンサート「生一丁!」を開く。新潟を皮切りに、今回は秋まで全国8都市を巡るツアーとなる。上妻は「津軽三味線のルーツがあるといわれている新潟でスタートを切れることは幸せ」と話す。

 マイクやスピーカーなどの音響装置を使わない同タイトルのコンサートを2001年から全国で開いてお…

残り430文字(全文:639文字)