群馬-新潟 2回2死三塁から中前適時打を放つ藤原=城南
群馬-新潟 2回2死三塁から中前適時打を放つ藤原=城南

 ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは17日、群馬県の高崎市城南球場で群馬と対戦し、5-9で敗れた。試合は球場のローカルルールにより、八回で終了となった。

 新潟は先制したが、序盤の大量失点が響き、逆転負けした。

 先発深澤は3-0の三回、安打と2四死球で無死満塁とされ、2点適時打を浴びた。なおも1死満塁で押し出し四球を与え降板。後を受けた髙橋が満塁本塁打を許すなど、計7点を奪われた。

 打線…

残り200文字(全文:425文字)