工事が進む浜茶屋の前で打ち合わせする民宿「千鳥」のスタッフ=柏崎市の鯨波海水浴場
工事が進む浜茶屋の前で打ち合わせする民宿「千鳥」のスタッフ=柏崎市の鯨波海水浴場

 海水浴シーズンに向けて、新潟県柏崎市の鯨波海水浴場では浜茶屋の準備が進められている。新型コロナウイルスの感染状況がある程度落ち着く中、今年は3年ぶりに浜茶屋がオープンする。関係者は「『海の柏崎』の火を消さないようにしたい」とにぎわいの回復を待ち望んでいる。

 柏崎市は日本海側の海水浴場発祥の地とされ、約42キロの海岸線に県内最多となる15の海水浴場がある。海水浴の入り込み客数はピークだった1990…

残り442文字(全文:651文字)