筆頭株主のトピー工業(東京)が対抗人事案を示した4月に事実上始まった北越メタル(新潟県長岡市)の株主委任状争奪戦。21日の株主総会であらわになったのは「数の力」の強さだった。

 北越メタルにとっては当初から厳しさが想定された。会社提案を通すには議決権ベースで過半数の株主から賛成を得る必要があったが、既に約35%はトピー側に握られた状態。北越メタル幹部は「かなりのハンディを負ってのスタートだった」と…

残り814文字(全文:1023文字)