新潟県柏崎市の荒浜漁港で、冬の間に砂が港内にたまる「堆砂」によって、春先の一時期に漁船が出港できない被害が続いている。今年は2013年度以降で最も多く、4月に機械でかき出した砂の量が8400立方メートルに上った。市はこの砂を22年度中に撤去するほか、23年度からは4年計画で大規模しゅんせつ工事に取りかかる予定だ。

 荒浜漁港は市管理の漁港で、漁船9隻、漁師11人が利用している。冬期間は波が高く、ほ…

残り872文字(全文:1081文字)