夕虹会が発見した巨木群の中で一番太い幹回り9メートル60センチのブナ=佐渡市金井地区
夕虹会が発見した巨木群の中で一番太い幹回り9メートル60センチのブナ=佐渡市金井地区

 新潟県佐渡市のトレッキング団体「夕虹(ゆうこう)会」が、金井地区の大佐渡スカイライン近くの山中で、ブナの巨木、奇木群を発見した。太いもので幹回り10メートル近いものもあるブナ13本が群生している。市観光振興課は「現地を視察し道などの安全性が確認できれば、観光資源として整備して発信していきたい」と話している。

 夕虹会によると、群生地は大佐渡スカイラインから10分ほど歩いた所にある市有地。整備された…

残り570文字(全文:779文字)