横浜FC-新潟 後半、競り合いながら攻め込むMF高木=ニッパツ三ツ沢球技場(写真映像部・渡辺隼人撮影)
横浜FC-新潟 後半、競り合いながら攻め込むMF高木=ニッパツ三ツ沢球技場(写真映像部・渡辺隼人撮影)

 [新潟0-2横浜FC]思うような攻撃ができずに、苦しいゲーム展開となった。無得点に終わったのは、第7節千葉戦以来、16試合ぶり。MF高木は「攻撃のリズムをつくれなかったことが敗因。決め切るところで決め切れなかった」と肩を落とした。

 新潟は前半から、ブロックを敷く相手の守備に対し、攻めあぐねた。MF松田が「数センチのパスのずれでなかなかゴールに迫っていけなかった」と言うように、小気味よいパスワーク…

残り267文字(全文:476文字)