豊山
豊山

 日本相撲協会は27日、大相撲名古屋場所(7月10日初日・ドルフィンズアリーナ)の番付を発表し、夏場所で7度目の優勝を果たし、2連覇を狙う一人横綱の照ノ富士が東正位に座った。3大関は先場所8勝の貴景勝が東、先場所ともに負け越した御嶽海と正代が西。かど番は御嶽海が昇進3場所目で初めて、正代は2場所ぶり4度目。

 夏場所で6勝9敗だった豊山(新潟市北区出身)は東前頭16枚目。10勝5敗だった朝乃若(佐渡…

残り491文字(全文:700文字)