熱のこもった指導をする松橋監督(左)と、高い意識で練習に励む選手たち=聖籠町
熱のこもった指導をする松橋監督(左)と、高い意識で練習に励む選手たち=聖籠町

 J2アルビレックス新潟は28日、聖籠町の専用練習場でオフ明けの練習を公開した。前節、横浜FCとの首位攻防戦では苦杯をなめた。松橋監督は「自信を持って、もう一回やろうと(選手に)話した」と言い、チームは意気消沈することなく、引き締まった雰囲気の中で汗を流した。

 「選手はこの試合に懸ける気持ちがあったし、自然に力が入った」。注目を集めた横浜FC戦に0-2で敗れ、松橋監督は「選手も、僕も本当に悔しかっ…

残り291文字(全文:500文字)