新潟県は28日、財政難の中での歳入確保策として、県の施設のネーミングライツ(命名権)を取得する企業を随時募集すると発表した。これまでは、県が命名権を売る施設を特定して企業などに募集をかける「施設特定型」だったが、企業側から希望を受け付ける「提案募集型」も始める。

 県は2007年に命名権契約を始めた。現在導入しているのは、新潟市中央区の新潟スタジアム(デンカビッグスワンスタジアム)、県立野球場(ハ…

残り267文字(全文:476文字)