B1新潟アルビレックスBBの運営会社、新潟プロバスケットボールは29日、株主総会を開き、取締役の選任を承認した。小菅学取締役(48)は任期満了に伴い退任する。

 小菅氏は社長兼GMだった2021年4月、チームスタッフに対してパワーハラスメントをしたとして、Bリーグから処分を受けた。その後社長とGMを退き、取締役強化本部長に就いていた。今後、下部組織やスクール事業を担当する。