新潟市民病院
新潟市民病院

 新潟市民病院は29日、道交法違反(酒気帯び運転など)の疑いで県警に摘発された30代の男性医師を、同日付で停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 同病院によると、医師は5月27日午後10時半ごろ、新潟市内で飲酒後、帰宅するため自家用車を運転中、警察に一時停止違反で止められ、酒気帯びが判明した。

 同病院管理課は「再発防止に向け、全職員に服務規律の周知徹底を図りたい」とコメントした。